MMDS大阪大学 数理・データ科学教育研究センター
Center for Mathematical Modeling and Data Science,Osaka University

センター長メッセージ

センター長:関根 順
センター長:関根 順

数理・データ科学教育研究センター(Center for Mathematical Modeling and Data Science、以下、MMDSと略)は、2006年に設立された金融・保険教育研究センター(Center for the Study of Finance and Insurance、以下、CSFIと略)を前身とし、金融保険、モデリング、データ科学の3部門からなる教育研究センターとして、2015年10月に設立されました。

日々複雑・多様化する現代において、急速な技術革新をリードし、変化する社会情勢に立ち向かう知力と知性を育成するためには、従来の枠組みにとらわれない学際・横断的な教育プログラムが整備されなければなりません。MMDSは、数学イノベーション、データサイエンス、文理融合の3つの要素を融合させ、産学連携、社学連携、国際連携の推進を目指しつつこの要請に応えていきます。

数理モデリングは、複雑な自然・社会現象を分析し、与えられた条件を明確にしてモデルを作り、そのモデルを数理科学的手法に基づき問題解決を図るもので、現代において不可欠な科学的方法論となっております。モデリング部門は、数理モデリングと数値シミュレーションを担う人材を育成します。データ科学は、研究や技術・サービス開発のために、大規模・大量データ(ビッグデータ)とICT(情報通信技術)をフルに活用したデータ駆動型な方法です。世界的に人材育成が進んでいますがなお不足していると言われております。データ科学部門は、現在の我が国において喫緊の課題と言われているデータサイエンティストの育成に取り組みます。また、近年の金融取引や保険ビジネスの高度化にともない、金融機関や保険会社でも確率・統計をはじめとした高度な数学の知識、計算機の知識、さらにデータ解析の能力を持つ人材が必要となっております。金融保険部門は、それらに関する文理に通じた人材供給という社会へのニーズに応えます。

MMDSはCSFIによる9年間の教育プログラム「金融・保険」を継承し、2015年度は「大学院副専攻プログラム(金融・保険)」、「大学院等高度副プログラム(データ科学)」を提供し、2016年度はシミュレーション科学と理論科学の融合を進めるため「大学院等高度副プログラム(数理モデル)」を加えました。大阪大学の副専攻プログラム・高度副プログラムの中核を担い、2019年度では800名を超える受講者を受け入れています。これらの実績は社会的に高く評価され、MMDSは2017年度から文部科学省による共通政策課題「数理及びデータサイエンスに係る教育強化の取組への支援」の全国6拠点の一つに選定されました。MMDSは、その任務に応えるべく、全学の学部生を対象とする教育や関連した研究活動に従事する2つの部隊:数理科学ユニットとデータ科学ユニットを組織しました。

また、2017年度からは「データ関連人材育成関西地区コンソーシアム(DuEX: Data Utilizing Expert Program)」の中核的な教育研究実施部局として、さらに2019年度からは「データ関連人材育成プログラム(D-DRIVE: Doctoral Program for Data-Related Innovation Expert)」の全国5拠点の幹事校としての役割も担うことになり、博士後期課程副プログラム提供とその運営や、社会人リカレント教育にも携わっております。後者の社会人リカレント教育については、2019年度に厚生労働省より「データサイエンス利活用教育訓練プログラム」の開発を受注し、開発に従事しているところでもあります。

MMDSに与えられた社会的な使命を達成するためには、関係者の皆様方のさらなるご支援ご協力が必要となってまいりました。各部門、各ユニットが主催する国際コンファレンス・ワークショップ、国内ワークショップ、セミナーシリーズ、ミニレクチャーシリーズ、講演会、スタディーグループ等も一層充実させて、国際的に高まる数理・データサイエンティスト輩出の需要に応えるべく、邁進していく所存でございます。

本年も引き続き、関係者の皆様のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2020年 1月
大阪大学 数理・データ科学教育研究センター長
関根 順