DMM修了要件


複雑システムを数理モデルとして記述し、問題解決へと導く能力を養う教育プログラム。自然科学,工学,医学などの諸問題を,現象と原理にもとづいて数理的に定式化し問題解決できる人材(数理人材)を育成
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. カリキュラム
  5. MMDSの活動

  6. 学内向け情報

コース別プログラム修了要件


コース名 科目分類 合計
選択必修 選択必修 or 選択
応用数学 2科目以上 4科目以上 計6科目(12単位相当)以上
システム数理 2科目以上 4科目以上 計6科目(12単位相当)以上
数理工学  ー  6科目以上 計6科目(12単位相当)以上
応用数学コースまたはシステム数理コースを修了するためには、コースごとに指定された選択必修科目から 4 単位とそれら以外に選択必修科目と選択科目から 8 単位以上、合計 12 単位以上を修得する必要があります。数理工学コースを修了するためには,指定された科目から合計12単位以上習得する必要があります。

(研究科修了要件単位から流用可能)

 DMMのプログラム修了に必要な単位と,主専攻の修了要件単位との重複は認められますが,大学院等高度副プログラムを修了するには主専攻の修了要件を超えて4単位以上修得する必要があります。