修了後のキャリアパス


複雑システムを数理モデルとして記述し、問題解決へと導く能力を養う教育プログラム。 自然科学,工学,医学などの諸問題を,現象と原理にもとづいて数理的に定式化し問題解決できる人材(数理人材)を育成
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. カリキュラム
  5. MMDSの活動

  6. 学内向け情報

 数理モデルを用いて具体的実体を記述し, 数学を用いて現象を予測する能力は, 理論科学や応用科学にとどまらず, 社会的な要請も高くなっています。「数学イノベーション」が声高に言われている現在,技術革新と社会構造の変化に対処し, 新規性のある研究を牽引する人材には, 個別の研究科や研究室をこえ, 産業との協働も視野に入れた教育プログラムが必要とされています。DMMは, 修了生が数理モデルを自在に操るスキルを習得し,社会や学術研究に還元できることを目指しています。
 その結果「領域横断的な科学技術」を使いこなす分野だけでなく,新規分野や国際的分野にも多くの人材を輩出しています。具体的実体を一般化・普遍化する力は, 理論科学や応用科学をはじめ, 社会的・経済的活動においてもニーズが一層増大し,進路先の拡大にも繋がっています。


応用数学コース システム数理コース 数理工学コース

高度フィナンシャルエンジニア
バイオエンジニア
メディカルエンジニア
メーカー研究開発
高度システムエンジニア
メーカー研究開発
機械技術者
情報通信エンジニア
システムエンジニア
メーカー研究開発
機械技術者


情報・通信産業
各種金融機関(銀行,証券会社,保険会社など)
製薬医療機器メーカー,
自動車メーカー,
電機精密機器メーカー,
鉄鋼重工メーカー
鉄道・運輸産業
官公庁
国立研究開発機構
大学教員 など

 機械系・電気系・土木系の産業界での研究開発分野,ITを駆使したシステム・プログラミング分野,人間科学・医学研究での数理分野で活躍しています。