DFI教育プログラム体系


金融・保険・年金数理に関わる学際的な分野での専門家を育成する文理融合型教育プログラム。 高度に複雑化し国際的にも相互に大きく関連し合う金融・保険の分野におけるスペシャリスト(金融・保険人材)を継続的に育成
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. カリキュラム
  5. MMDSの活動

  6. 学内向け情報

 DFIの教育プログラムには,大学院副専攻プログラムと科目等履修生高度プログラムの2つがあります。
 数理・データ科学教育研究センター(MMDS)金融・保険部門(DFI)は,大学院副専攻プログラム(博士前期課程相当)を提供しています。これは,大阪大学大学院各研究科に在籍する大学院生を対象としたものであり,数理計量ファイナンスコース,金融経済・工学コース,インシュアランスコースの3コースからいずれか(複数可)を選んでこのプログラムを受講することになります。
 また大阪大学の大学院生以外の方は,DFIの科目等履修生となることにより,科目を受講することができます。すなわち,社会人の再教育,金融実務家の研修等が行えるようなっています。
 上記の2つのプログラムにおいては,実務教育にも対応できるよう集中教育等による柔軟な教育形態も一部採用しています。講義を集成したレクチャーノートシリーズを刊行しています。

DFI教育プログラム体系