MMDS大阪大学 数理・データ科学教育研究センター
Center for Mathematical Modeling and Data Science,Osaka University

2019年度 カリキュラム

MMDSが提供する教育プログラムには、学部生向け、博士前期課程学生向け、博士後期課程学生・社会人向けと3つのカリキュラムがあります。

学部生向け「数理・データ アクティブラーニングプラン」

MMDSが提供する学部生向けの数理・データ アクティブラーニングプランは、専門を超えた数理的思考、データ分析・活用能力、社会における様々な問題の解決と新しい課題を発見する能力、データから価値を生み出す能力を育成するためのカリキュラムで、文系から理系まで、低学年から高学年までの全学の学生を対象として、数理科学とデータ科学の8つの基本的な方策PPDMSACA(Problem, Planning, Data, Modeling, Simulation, Analysis, Conclusion, Application)を系統的かつ有機的に習得することができる体系的なプログラムです。PPDMSACAを基礎から理解し、連携・応用することで、答えが定められていない課題を分析・解決し、発展・進化させることができる能力を育成します。

博士前期課程学生向け「高度副プログラム・副専攻プログラム」

「金融・保険」「数理モデル」「データ科学」の3つのプログラムは、MMDSが提供する博士前期課程向けカリキュラムで、数理とデータに関する系統的な複合領域型副専攻・高度副プログラム群です。センターの兼任教員が科目を提供し、各研究科の単位認定に基づいてセンターが修了書を発行します。本プログラムを履修することで、数理・データに特性をもち、広い知識や総合力を備え、主専攻研究を発展・深化させることができるようになります。科目等履修生として社会人も受け入れ、同一または異なるプログラムの複数のコースを履修することも可能です。

博士後期課程学生・社会人向けデータ関連人材育成プログラム(DuEX)

データ関連人材育成プログラムは第4次産業革命を迎えて必要とされるデータ関連技術を高度に駆使する人材について、発掘・育成・活躍の促進を一貫して取り組むもので、博士後期課程学生・博士号をもつ社会人を主な対象としていますが、前期課程学生・一般社会人も広く受講することが可能です。関西地区コンソーシアムは関西地区の大学が連携してAコース(基礎)、Bコース(実践)、Cコース(医療データ基礎実践)の3つのカリキュラムを運営しています。MMDSはこれらのコースの主要科目を提供すると同時に、e-Learningコンテンツの開発も進めています。関西地区コンソーシアムではAコース5単位以上で「基礎コース『修了証』」を発行いたします。BコースはAコース修了者(またはAコースと同じ科目を履修したことがある人)のための実践コースで、Aコース修了に加えてBコース2単位で「データサイエンス『認定証』」を発行いたします。Cコースは「Cコース スタディグループ」1単位を含む3単位以上修得で「Cコース『修了認定証』」を発行いたします。
なお、いずれのコースも関西地区コンソーシアム協定校在籍者(京都大学は除く)は無料で受講することができます。受講希望者は各大学から登録してください。