神経応答と脳波のデータ解析


大阪大学MMDS主催スタディグループ
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. MMDSの活動

  5. 学内向け情報



大阪大学MMDS主催スタディグループ
神経応答と脳波のデータ解析

大阪大学数理・データ科学教育研究センター
共催:文部科学省委託事業「数学アドバンストイノベーションプラットフォーム(AIMaP)」AIMaPホームページ https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/


スタディグループは,産業界や諸科学で生じる個別具体的な課題について,当該分野のエキスパートと共に一定期間集中的に議論する「課題解決型研究集会」です.

今回は神経生理学・脳認知科学に関わる以下の2つのトピックについて,それぞれスタディグループを実施します.

トピック1
「外側膝状体(LGN)と第一次視覚野(V1)ニューロンの同時計測スパイクデータの解析」
相互情報量に基づく画像の高次統計量の符号化特性.状態空間モデルによる活動パターンの分類.深層学習によるデコーディング.

トピック2
「ワーキングメモリ課題遂行中の脳波データの解析」
脳波の時間周波数解析に基づく脳波リズムと課題負荷との関係の同定.主成分回帰や部分最小二乗法などの次元削減法による脳波データからの課題負荷量のデコーディング,およびその精度について深層学習手法との比較.


プログラム:
2019年2月5日(火)14:00 チュートリアル・課題提示
2019年2月6日(水)グループワーキング
2019年2月7日(木)11:00-12:00 グループ発表

参加を希望される方は,下記の通り事前の申し込みをお願いいたします.最大で10名程度の受講生を受け入れます.

主催 大阪大学 数理・データ科学教育研究センター
共催 文部科学省委託事業 数学アドバンストイノベーションプラネットフォーム(AIMaP)

テーマ:
神経応答と脳波のデータ解析
日 時:
2019年2月5日(火)~7日(木)
場 所:
大阪大学豊中キャンパス基礎工学研究科 I棟204, 202
参加費:
データ関連人材育成関西地区コンソーシアム協定校(大阪大学,京都大学,神戸大学,滋賀大学,和歌山大学,奈良先端科学技術大学院大学)の大学院生は無料.その他の機関に所属する方はお問い合わせ下さい.
参加方法:
受講希望のトピックを記入の上,メールにて申し込み下さい.
受講の可否については開催前日の2月4日までに連絡します.
アクセス:
会場までのアクセスは「アクセス | 大阪大学 基礎工学部/大学院基礎工学研究科」のページをご覧下さい。

「アクセス | 大阪大学 基礎工学部/大学院基礎工学研究科」のページ
http://www.es.osaka-u.ac.jp/ja/access.html
お問い合せ:
大阪大学MMDSデータ科学ユニット・事務補佐員(木田奈津美)
E-mail:
主 催:
大阪大学数理・データ科学教育研究センター
共催:文部科学省委託事業「数学アドバンストイノベーションプラットフォーム(AIMaP)」AIMaPホームページ https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/