PythonユーザーのためのGPU入門


数理工学ワークショップ
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. MMDSの活動

  5. 学内向け情報



数理工学ワークショップ
PythonユーザーのためのGPU入門

大阪大学MMDS数理モデリング部門

開催日程
1日目(3月2日):
午前:Installation
*必要なソフトのインストールやOCTOPUSへの接続方法の確認
午後:GPU講習会(1)
・CUDAやcuDNNをインストールしてGPUを使える環境を整える.
・LDライパスを指定しながらPythonからGPUを数値計算に使えるCuPyを導入して,CPUで数値計算をするNumPyと,勾配降下法の簡単な問題で速さを比較する.

2日目:(3月3日)
午前:GPU講習会(2)
・CuPyを活用できるDNNのフレームワークであるChaineを使い,MLPとCNNのCPUとGPUにおける計算をとても良く使
われているベンチマークデータセットMNISTで行う.
・RNN(LSTMとGRU)の中身を説明して,適当なデータセットでベンチマークを行う

講師: 山田 和範(東北大学大学院情報科学研究科)

テーマ:
PythonユーザーのためのGPU入門
日 時:
2019年3月2日(土)~3日(日)
場 所:
基礎工学部I棟204セミナー室
参加費:
無料
アクセス:
会場までのアクセスは「アクセス | 大阪大学 基礎工学部/大学院基礎工学研究科」のページをご覧下さい。

「アクセス | 大阪大学 基礎工学部/大学院基礎工学研究科」のページ
http://www.es.osaka-u.ac.jp/ja/access.html
お問い合せ:
本ウェブサイトの「お問い合せ」のページをご参照ください。
主 催:
大阪大学MMDS数理モデリング部門