大阪大学 数理・データ科学教育研究センター主催 Workshop:「工学と数学の接点を求めて」


AIMap Workshop
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. カリキュラム
  5. MMDSの活動

  6. 学内向け情報



AIMap Workshop
大阪大学 数理・データ科学教育研究センター主催 Workshop:「工学と数学の接点を求めて」

大阪大学 数理・データ科学教育研究センター

【1日目:11月28日 火曜日】
1. 10:00-10:50
 根来誠 (大阪大学大学院基礎工学研究科・助教)
 「非測定型トポロジカル量子誤り訂正の実装に向けて」

2. 11:00-11:50
 鹿島洋平 (大阪大学MMDS・助教)
 「多体電子系における長距離秩序の存在と非存在について」

3. 13:30-14:20
 永井正也 (大阪大学大学院基礎工学研究科・准教授)
 「テラヘルツ領域の光物性における数理科学への期待」

4. 14:30-15:20
 藤本聡 (大阪大学大学院基礎工学研究科・教授)
 「トポロジカル絶縁体・超伝導体の数理」

5.15:30-16:20
 藤原彰夫 (大阪大学大学院理学研究科・教授)
 「数理工学とは?」

【2日目:11月29日 水曜日】
1. 10:00-10:50
 森藤正人 (工学研究科 電気電子情報工学専攻・助教)
 「大規模電子状態計算に向けた行列対角化の高速化」

2. 11:00-11:50
 梅谷俊治 (大阪大学大学院情報科学研究科・准教授)
 「大規模な 0-1 整数計画問題に対する発見的解法」

3. 13:30-14:20
 加藤準治 (東北大学大学院工学研究科・准教授)
 「トポロジー最適化によるミクロ構造設計」

4. 14:30-15:20
 浜口智志 (大阪大学大学院工学研究科・教授)
 「数学・情報科学的手法は未来の製造業にどう役立つか?半導体産業の例」 

5.15:30-16:20
 鈴木譲  (大阪大学大学院基礎工学研究科・教授)
 「R 言語パッケージ BNSL の開発とゲノム解析への応用」

download PDF:
PDF:ポスター (5583.7kB)

テーマ:
大阪大学 数理・データ科学教育研究センター主催 Workshop:「工学と数学の接点を求めて」
日 時:
2017年11月28日(火)~29日(水)
場 所:
大阪大学 基礎工学研究科 国際棟 シグマホール
参加費:
無料
アクセス:
会場までのアクセスは「アクセス | 大阪大学 基礎工学部/大学院基礎工学研究科」のページをご覧下さい。

「アクセス | 大阪大学 基礎工学部/大学院基礎工学研究科」のページ
http://www.es.osaka-u.ac.jp/ja/access.html
お問い合せ:
本ウェブサイトの「お問い合せ」のページをご参照ください。
主 催:
大阪大学 数理・データ科学教育研究センター