MMDS大阪大学 数理・データ科学教育研究センター
Center for Mathematical Modeling and Data Science,Osaka University

東京証券取引所上場銘柄の取引間隔時間

柴田 舞(立教大学)

大証寄附研究部門セミナーシリーズ 第31回

東京証券取引所上場銘柄の取引間隔時間

柴田 舞(立教大学)

本研究は、東京証券取引所1 部上場の10銘柄を選び出し、取引と取引の間の時間とリターンの変化に注目して分析した。まず、取引間隔が短いことに加え、取引間隔には日中のパターンが確認された。また、リターンと取引種別符号付き売買高を回帰分析したところ、リターンが自己相関を伴いながら緩やかに変化することや、同種の約定種別が続くこと、そしてリターンは直前の約定種別とは同方向で、離れた約定種別とは逆方向の関係を持っていることが示された。さらに、取引間隔時間がリターンの変動を説明しているという結果が得られた。また、取引間隔時間をACD (Autoregressive Conditional Duration) モデルで説明し、時間パターンの粘着性を確認した。

講師: 柴田 舞(立教大学)
テーマ: 大証寄附研究部門セミナーシリーズ 第31回
日時: 2012年03月19日(月) 16:20-17:50
場所: 文学部・法学部・経済学部本館 1階 多目的室
参加費: 無料
アクセス: 会場までのアクセスは下記URLをご参照ください。
http://www.es.osaka-u.ac.jp/access/
お問い合せ: 本ウェブサイトの「お問い合せ」のページをご参照ください。