日本企業のペイアウト政策と株式分割:機関投資家へのサーベイ調査による実証分析


芹田 敏夫 (青山学院大学)
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. カリキュラム
  5. MMDSの活動

  6. 学内向け情報

大証寄附研究部門セミナーシリーズ 第15回
日本企業のペイアウト政策と株式分割:機関投資家へのサーベイ調査による実証分析

芹田 敏夫 (青山学院大学)

本論文では、日本の主要な機関投資家へのサーベイ調査を行い、株式市場における投資家側の主要なプレーヤーである機関投資家が財務政策(ペイアウト政策と株式分割/くくり直し)をどのように認識しているかについて分析し、過去に行った事業会社へのサーベイ調査との比較分析を行う。また、機関投資家についての4つの行動仮説を検証する。主な結果は、以下の通りである。配当/自社株買いの決定要因や命題などから総合的に判断すると、機関投資家の認識は平均的にはファイナンス理論と整合的であり、事業会社の認識とは多くの点で異なる結果が得られた。また、4つ仮説の検証については、モニタリングによる規律付けを重視する、税制によって銀行と生損保は配当に対する強い選好を持つ、年金は受託者責任に基づく安定配当企業への選好を持つ、という3つの仮説を支持する結果が得られた。

講 師:
芹田 敏夫 (青山学院大学)
テーマ:
日本企業のペイアウト政策と株式分割:機関投資家へのサーベイ調査による実証分析
日 時:
2010年07月05日(月)16:20-17:50
場 所:
大阪大学基礎工学研究科I棟 204
参加費:
無料
アクセス:
会場までのアクセスは下記URLをご参照ください。
http://www.es.osaka-u.ac.jp/access/
お問い合せ:
本ウェブサイトの「お問い合せ」のページをご参照ください。