A Dynamic Theory of Pecking-Order Financing


小林孝雄 (東京大学大学院経済学研究科教授)
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. カリキュラム
  5. MMDSの活動

  6. 学内向け情報

大阪大学 金融・保険セミナーシリーズ 第23回
A Dynamic Theory of Pecking-Order Financing

小林孝雄 (東京大学大学院経済学研究科教授)

An interplay of dynamic optimization and frictions in financial markets creates an interesting theory of corporate finance. We extend the dynamic theory of a firm's optimal investment policy, which was developed during the three decades starting in 1960s, to the issue of optimal dividend and financing policy. To our knowledge this is the first within such attempts to predict that the optimal dynamic financing policy is the "pecking-order" which was originally founded on the assumption of asymmetric information.

講 師:
小林孝雄 (東京大学大学院経済学研究科教授)
テーマ:
A Dynamic Theory of Pecking-Order Financing
日 時:
2009年06月02日(火)16:20-17:50
場 所:
基礎工学研究科I棟2階 204セミナー室
参加費:
無料
アクセス:
会場までのアクセスは下記URLをご参照ください。
http://www.es.osaka-u.ac.jp/access/
お問い合せ:
本ウェブサイトの「お問い合せ」のページをご参照ください。