Precision Medicine, Comparative Effectiveness Researchとデータサイエンス


野間 久史 (統計数理研究所)
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. MMDSの活動

  5. 学内向け情報

大阪大学 数理・データ科学セミナー データ科学セミナーシリーズ 第35回
Precision Medicine, Comparative Effectiveness Researchとデータサイエンス

野間 久史 (統計数理研究所)

先端的な科学技術の発展および社会経済情勢の著しい変化によって、医学・医療に求められる課題は高度化・複雑化が進んでおり、その難解な問題の解決のためにデータサイエンスの役割は必須のものとなっています。本講演では、特に、Precision Medicine, Comparative Effectiveness Researchの2つのトピックについて、近年の研究の動向について概説するとともに、演者が行ってきた方法論研究の成果を平易に解説します。

講 師:
野間 久史 (統計数理研究所)
テーマ:
Precision Medicine, Comparative Effectiveness Researchとデータサイエンス
日 時:
2018年06月20日(水)15:00-17:00
場 所:
大阪大学豊中キャンパス基礎工学研究科J棟 数理ディスプレイ室(J617)
参加費:
無料
アクセス:
会場までのアクセスは下記URLをご参照ください。
http://www.es.osaka-u.ac.jp/ja/access.html
お問い合せ:
本ウェブサイトの「お問い合せ」のページをご参照ください。