非一様乱流の2スケール統計理論


半場 藤弘(東京大学 生産技術研究所)
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. カリキュラム
  5. MMDSの活動

  6. 学内向け情報



大阪大学 数理・データ科学セミナー 数理モデルセミナーシリーズ第14回
非一様乱流の2スケール統計理論

半場 藤弘(東京大学 生産技術研究所)

様々な理工学の分野で見られる非一様乱流の数値計算では、渦粘性近似を用いた乱流モデルがよく使われる。渦粘性近似のような現象論的モデルを、基礎方程式に基づいて理論的に導きさらに改良するために、2スケール統計理論が約30年前に提案された。これは一様等方乱流の研究で開発された統計理論を、時間空間座標に2つのスケールを導入することで非一様乱流に応用したものである。本講演では2スケール統計理論の概略を説明した後、導かれたモデルの例として非線形渦粘性モデルやヘリシティーモデルなどについて紹介し、本理論の今後の課題にも触れる。

講 師:
半場 藤弘(東京大学 生産技術研究所)
テーマ:
非一様乱流の2スケール統計理論
日 時:
2017年12月19日(火)16:20-17:50
場 所:
大阪大学 基礎工学研究科 J棟1階セミナー室
参加費:
無料
アクセス:
会場までのアクセスは下記URLをご参照ください。
http://www.es.osaka-u.ac.jp/ja/access.html
お問い合せ:
本ウェブサイトの「お問い合せ」のページをご参照ください。