トポロジカルデータ解析と機械学習


平岡 裕章 (東北大学)
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. カリキュラム
  5. MMDSの活動

  6. 学内向け情報

大阪大学 数理・データ科学セミナー データ科学セミナーシリーズ 第27回
トポロジカルデータ解析と機械学習

平岡 裕章 (東北大学)

本講演では、パーシステントホモロジーと機械学習を融合させたトポロジカルデータ解析手法について解説を行う。パーシステントホモロジーとは今世紀に開発された「データの形」をマルチスケールで特徴付ける数学的手法であり、材料科学、脳科学、生命科学などの様々な分野への応用が進められている。この講演では、パーシステントホモロジーについてトポロジーの予備知識を仮定せずにまずは解説し、その後に機械学習との融合およびそれらの材料科学への応用について幾つかの話題を紹介する。時間が許せば、表現論や確率論などとの関連についても紹介する。

講 師:
平岡 裕章 (東北大学)
テーマ:
トポロジカルデータ解析と機械学習
日 時:
2017年10月17日(火)14:40-16:10
場 所:
大阪大学(豊中キャンパス) 大学院基礎工学研究科 J617ディスプレイ室
参加費:
無料
アクセス:
会場までのアクセスは下記URLをご参照ください。
http://www.es.osaka-u.ac.jp/ja/access.html
お問い合せ:
本ウェブサイトの「お問い合せ」のページをご参照ください。