MMDS大阪大学 数理・データ科学教育研究センター
Center for Mathematical Modeling and Data Science,Osaka University

クープマン作用素による非線形力学系の解析と工学応用

薄 良彦(大阪府立大学)

大阪大学 数理・データ科学セミナー 数理モデルセミナーシリーズ第13回

クープマン作用素による非線形力学系の解析と工学応用

薄 良彦(大阪府立大学)

クープマン作用素とは,非線形力学系の観測量(系の相空間上で定義されるスカラー関数であり,制御工学の言葉では出力関数に相当する)の時間発展を表す作用素である.非線形の微分あるいは差分方程式で記述される力学系に対して,クープマン作用素は無限次元であるものの線形となる.この性質を利用することにより,非線形力学系の解析や制御を線形作用素の観点から行うことが可能になる.現在までに,クープマン作用素のスペクトルに着目することで,線形システムに対するモード分解の一般化であるクープマンモード分解が提案され,流体,エネルギー,画像処理,機械学習など,様々な分野との融合研究が進んでいる.本講演では,クープマン作用素に基づく非線形力学系の解析について解説する.また,講演者のグループが取り組んできた電力・エネルギーシステム工学への応用研究について時間の許す範囲で紹介する.

講師: 薄 良彦(大阪府立大学)
テーマ: 大阪大学 数理・データ科学セミナー 数理モデルセミナーシリーズ第13回
日時: 2017年08月09日(水) 14:40-16:10
場所: 大阪大学 基礎工学研究科 J棟1階セミナー室
参加費: 無料
アクセス: 会場までのアクセスは下記URLをご参照ください。
http://www.es.osaka-u.ac.jp/access/
お問い合せ: 本ウェブサイトの「お問い合せ」のページをご参照ください。