契約再交渉と優先株式の最適性


大森孝造 (大阪経済大学)
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. カリキュラム
  5. MMDSの活動

  6. 学内向け情報

大阪大学 数理・データ科学セミナー 金融・保険セミナーシリーズ 第73回
契約再交渉と優先株式の最適性

大森孝造 (大阪経済大学)

企業の資金調達手段は債券や株式など様々な手法があり,それぞれが最適契約となる状況や要因が研究されている.しかし,優先株式についてはそうした説明が見当たらない.優先株式は,企業再生に伴って発行されうことが多いが,その発行量は普通株式に比べても決して少なくはない.そこで,本研究は,経営者と外部投資家との間でエージェンシー問題が生じる状況において,優先株式の最適性に関する説明を試みる.注目するのは,予め外部投資家への分配額を定めておくことができる機能である.同様の分配パターンは発行済証券の買入れでも達成可能であるが,単独では,その機会は経営者によって選択されない.このことが優先株の最適性を補強する.

講 師:
大森孝造 (大阪経済大学)
テーマ:
契約再交渉と優先株式の最適性
日 時:
2016年08月01日(月)16:20-17:50
場 所:
大阪大学豊中キャンパス 法経研究棟509セミナー室
参加費:
無料
アクセス:
会場までのアクセスは下記URLをご参照ください。
http://www.es.osaka-u.ac.jp/access/
お問い合せ:
本ウェブサイトの「お問い合せ」のページをご参照ください。