RNA配列情報解析の数理


浅井潔 (東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻)
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. カリキュラム
  5. MMDSの活動

  6. 学内向け情報

大阪大学 数理・データ科学セミナー 数理モデルセミナーシリーズ 第9回
(共催:数理医学研究会)

RNA配列情報解析の数理

浅井潔 (東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻)

ヒトゲノムの大半がRNAとして転写され、しかもタンパク質に翻訳されずに機能する「非コードRNA」であることが近年明らかとなった。我々は、RNAの塩基配列の情報解析を行うことで、その構造、相互作用、機能を解明することを目指した研究を行ってきた。RNAの配列情報解析では、DNAやタンパク質の配列解析にはない、独特の難しさがあり、それを克服するためのアルゴルズムが考案されている。本講演では、RNA情報解析について、最新の研究を交えて紹介する。

download PDF:
PDF:poster (331.8kB)

講 師:
浅井潔 (東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻)
テーマ:
RNA配列情報解析の数理
日 時:
2016年06月01日(水)16:20-17:50
場 所:
大阪大学基礎工学研究科 J棟1階セミナー室
参加費:
無料
アクセス:
会場までのアクセスは下記URLをご参照ください。
http://www.es.osaka-u.ac.jp/access/
お問い合せ:
本ウェブサイトの「お問い合せ」のページをご参照ください。