機械学習および統計手法によるデータ解析の実際


西井龍映氏(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所(IMI))
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. カリキュラム
  5. MMDSの活動

  6. 学内向け情報

大阪大学 数理・データ科学セミナー データ科学セミナーシリーズ第9回
(データ科学特別セミナー共催)

機械学習および統計手法によるデータ解析の実際

西井龍映氏(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所(IMI))

ICTの発達により種々の分野でビッグデータが利用可能となっている. 機械学習や統計学はこのデータから新しい知見を得るための手法を提供し, また新しく開発している. 統計的アプローチは, データにふさわしい複数の統計モデルをオーダーメイドで想定し, モデル選択により最適モデルを決定し, 推定した母数でデータの構造を理解する. 一方機械学習のアプローチは, データ適応型の柔らかいモデルを仮定し, 将来の値を予測するモデルにより現象を理解しようとする. ここではパターン認識の種々の手法紹介や各種データの解析事例により, 両者の違いを認識し, それぞれの特徴を生かした活用法について考察する.

講 師:
西井龍映氏(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所(IMI))
テーマ:
機械学習および統計手法によるデータ解析の実際
日 時:
2015年12月12日(土)14:00-17:15
場 所:
基礎工学研究科J棟 J114(1階セミナー室)
参加費:
無料
アクセス:
会場までのアクセスは下記URLをご参照ください。
http://www.es.osaka-u.ac.jp/access/
お問い合せ:
本ウェブサイトの「お問い合せ」のページをご参照ください。