Deep Learning(深層学習)による深層表現の学習


麻生英樹 (産業技術総合研究所)
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. カリキュラム
  5. MMDSの活動

  6. 学内向け情報

大阪大学 数理・データ科学セミナー データ科学セミナーシリーズ第2回
(第72回データ科学特別セミナー共催)

Deep Learning(深層学習)による深層表現の学習

麻生英樹 (産業技術総合研究所)

生物の脳を模擬したニューラルネットワークによる学習的な情報処理方式の研究は、1940年代に端を発する長い歴史を持つが、これまでに何度かの研究の盛衰を経て、最近また、Deep Learning(深層学習)という名前で注目を浴びている。
その理由の一つは、音声認識や画像認識等の課題で、従来法を大きく上回る性能を示していることにある。
本講演では、ニューラルネットワークの研究の歴史を踏まえながら、Deep Learning の技術的な側面と現代的な意義について解説を行うとともに、最近の応用事例を紹介し、今後の可能性について考えたい。

講 師:
麻生英樹 (産業技術総合研究所)
テーマ:
Deep Learning(深層学習)による深層表現の学習
日 時:
2015年05月15日(金)14:00-17:00
場 所:
大阪大学大学院基礎工学研究科 (豊中キャンパス)J棟 6階 数理ディスプレイ室 (617号室)
参加費:
無料
アクセス:
会場までのアクセスは下記URLをご参照ください。
http://www.es.osaka-u.ac.jp/access/
お問い合せ:
データ科学特別セミナーに関しては下記URLをご参照ください.
http://www.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/~kano/research/seminar/tokubetsu/