国内株式市場における超過共変動に関する実証研究


山本 零 (三菱UFJトラスト投資工学研究所(MTEC))
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. カリキュラム
  5. MMDSの活動

  6. 学内向け情報

大阪大学 金融・保険セミナーシリーズ 第57回
国内株式市場における超過共変動に関する実証研究

山本 零 (三菱UFJトラスト投資工学研究所(MTEC))

概要:
超過共変動とは、「理論モデルで計測される共分散(相関)を超える過度な連動性」として定義され、共分散構造に関するアノマリーとして古くから議論されている。本発表では、国内株式市場における超過共変動を代表的な理論モデルであるFama-Frenchモデルを用いて計測し、その時系列特性や発生要因について実証分析を行った結果について説明する。さらに実務家の立場から超過共変動の特性を実際の運用に活かす1つの方法として、最小分散ポートフォリオへの適用方法を検討した結果についても説明する。

講 師:
山本 零 (三菱UFJトラスト投資工学研究所(MTEC))
テーマ:
国内株式市場における超過共変動に関する実証研究
日 時:
2015年02月09日(月)16:20-17:50
場 所:
大阪大学大学院基礎工学研究科 (豊中キャンパス)I 棟 204号室
参加費:
無料
アクセス:
会場までのアクセスは下記URLをご参照ください。
http://www.es.osaka-u.ac.jp/access/
お問い合せ:
本ウェブサイトの「お問い合せ」のページをご参照ください。