Good deal bounds with convex constraints


新井拓児 (慶應大学)
  1. MMDSについて
  2. MMDSの教員・組織
  3. MMDSで学びたい方へ
  4. カリキュラム
  5. MMDSの活動

  6. 学内向け情報

大阪大学 金融・保険セミナーシリーズ 第47回(CSFI-CRESTジョイントセミナー)
Good deal bounds with convex constraints

新井拓児 (慶應大学)

オプションの価格付け問題において,市場が非完備であるとき,価格を一意に決めることはできず,単に価格の候補として無裁定価格区間が得られる.無裁定価格区間の上限付近で請求権を売却できれば,リスクを十分小さく抑えることができる.このような低リスクである価格を無裁定価格区間から除外し,請求権の価格の候補を狭めることを考える.この新たな価格区間をgood deal boundと呼ぶ.Good deal boundの上下限を汎関数と見なすと,それらはconvex risk measureになる.これをgood deal valuation (GDVと略す)と呼ぶ.セミナーでは、市場に凸制約がある場合に,
(1) GDVが存在するための必要十分条件,
(2) convex risk measureがGDVであることとrisk indifference priceであることの同値性,
(3) Fundamental Theorem of Asset Pricingの拡張,
について、凸錘制約がある場合と対比しながら論じる.
(本セミナーの一部は,大阪大学深澤正彰氏との共同研究である)

講 師:
新井拓児 (慶應大学)
テーマ:
Good deal bounds with convex constraints
日 時:
2013年12月13日(金)16:20-17:50
場 所:
大阪大学大学院基礎工学研究科 (豊中キャンパス)I 棟 204号室
参加費:
無料
アクセス:
会場までのアクセスは下記URLをご参照ください。
http://www.es.osaka-u.ac.jp/access/
お問い合せ:
本ウェブサイトの「お問い合せ」のページをご参照ください。