MMDS大阪大学 数理・データ科学教育研究センター
Center for Mathematical Modeling and Data Science,Osaka University

胃癌発見AIの臨床への挑戦 - 内視鏡AIの開発の舞台裏-

平澤 俊明 氏(がん研究会有明病院 消化器センター 上部消化管内科 胃担当部長)

AI・データ利活用研究会 第XX回

胃癌発見AIの臨床への挑戦 - 内視鏡AIの開発の舞台裏-

平澤 俊明 氏(がん研究会有明病院 消化器センター 上部消化管内科 胃担当部長)

人工知能(AI)は医療現場を根本的に変革する可能性を秘めています。講演者らはAIメディカルサービス社との協力で、内視鏡画像のリアルタイム診断におけるAIの研究開発を行い、製造販売承認を取得しました。医療AIの社会実装には、法整備の遅れや保険適応といった課題があり、申請から承認までのプロセスは苦労の連続でした。講演では、医療AIの臨床導入に関する課題について、実際の経験を交えてご紹介いたします。

講師: 平澤 俊明 氏(がん研究会有明病院 消化器センター 上部消化管内科 胃担当部長)
テーマ: AI・データ利活用研究会 第XX回
日時: 2024年06月07日(金) 講演 18:00-19:00 質疑 19:00-20:00
場所: オンライン開催
参加費: 無料
参加方法: Zoomウェビナーを用いたオンラインでの開催となります。

開催時刻:2024年6月7日 06:00 PM 大阪、札幌、東京
トピック:AI・データ利活用研究会 第XX回

このウェビナーに事前登録する:
https://zoom.us/webinar/register/WN_Ja8nkeoWSheHkBtB5Z4L2g

ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。
アクセス: オンライン開催
お問い合せ: 本ウェブサイトの「お問い合せ」のページをご参照ください。